Fully furnished and serviced rental apartments in Tokyo and Yokohama.

For Serviced Offices BUREX Click Here!

If you have any questions, please let us know.
0120-710-677 +81-3-3502-7777

Space Design Staff Blog

Space Design Staff Blog

Friday ,24 April 2020

Music impacts in space | Interview with Nick Luscombe


The consequence on global pandemic, it is inevitable to adapt and go through the drastic changes in environment, strange period of era. Majority of us are restricted of various mobility in order to stay at residences for safety. I assume many of our guests/tenants and whoever reading this are in same circumstance. Much to hope all safe and well regardless.
Under this situation, we all tend to get tense without realizing. What would be good solution? As part of remedy and self care, music and meditation are becoming featured trends. Nick Luscombe, known as a radio producer, recently released his DJ set from the festival called Wonderfruit. Well selected from ambient to eclectic dance beats are highly recommend to listen to while reading this article meantime. He also is one of the curator of the event at The Royal Park Canvas Ginza 8. He talks about music remedy and environmental changes upon current situation through his music career(Reading time: Approx 5min ).
現在の世界的に流動的で激変する特殊な現状の中、自宅要請等の環境の激変で知らずにストレスをためる方も多いと思います。ゲスト、テナントはじめこの記事を読まれてる皆様も同様かと察します。
どうぞご無事で、ご自愛ください。また、不安の解消、制限への解決方法は何か?等、色々考えさせられるこの時期、音楽や瞑想が心身のバランスを整えるレメディ(治癒法)として改めて注目を浴びています。今回、現状の環境変化やリモートワーク、音楽療法等を切り口にBBCラジオプロデューサーまた、弊社ザ・ロイヤルパーク・キャンバス 銀座8でのイベントを共同主催されたNick Luscombe氏よりお話を伺いました。尚、先日、Nickさんはタイで開催されたWonderfruitフェスティバルでのDJセットをリリースされました(無料配信)。アンビエントから様々なセンス良いダンスビートまで楽しめる選曲はおうち音楽にもお勧めです。よろしければDJセット試聴しながらご一読ください。(読み時間:約5分)

( English followed by Japanese )

<Introduction |イントロ>

Q1: Kindly describe your profession as introduction.
職業も含め自己紹介をお願いします。

A1: I am a BBC radio producer and broadcaster, DJ, music consultant and A&R.
I also run a spatial sound art practice called Musicity.
BBCラジオのパーソナリティー及びプロデューサーです。音楽コンサルティングとA&R他、
世界の都市、空間を環境音楽とアートで繋ぐプロジェクト、Musicityを運営しています。

Q2 :You and your media partner curated the event at The Royal Park Canvas - Ginza 8
late last year. Please give us your opinion of the event, outcome, as well as the impression on the venue.
昨年末に弊社ザ・ロイヤルパーク キャンバス銀座 8にてイベントを開催しました。その際のイベントの手ごたえや会場の印象などお聞かせください。

A2 : “Ginza Dream Session” was just that - a wonderful almost unreal night of lovely music and people (and drinks!). Really soulful, warm and fun night. It marked my recent arrival in Tokyo and was one of the highlights of my DJ / social life in 2019! As the night unfolded me and Ken (my radio co presenter, fellow DJ and long time buddy,) Sets and everyone in the room chatted about ideas to take the night forward - so many cool thoughts built around a desire for a really inspiring night for grown ups! Good music, food, drink and conversation ..a place to listen, to dream and to be inspired...and to meet others who wanted the same.
The venue is perfect...amazing setting on the first floor corner block. Very comfortable and cool - without any hint of pretension.
”Ginza Dream Session”はまさに名前通り魅力的な街の会場にふさわしい素敵な人と音楽(とバーですね!)が集った素敵な大人(家族の)イベントでした。暖かみがあり本当に楽しく過ごせました。昨年、ロンドンから東京へ拠点をうつしたのですが、自分の中でDJ生活とソーシャルな場所での昨年の指折りのハイライトでした。イベントは自分のメディアパートナー兼盟友西川顕とスペースデザインのメンバーと開催しましたが、会場に足を運んでくれた方とホテルの滞在ゲストがフレンドリーに話をし、音楽を楽しみまた、そこにいることでたくさんのアイディアを交換しネットワークを広げ何かインスピレーションを得ることができまた、誰もが普通に温かく受け入れられている自然な環境が何よりでした。
会場のキャンバスラウンジと一角にあるミュージックライブラリーの設定や空間の間は素晴らしいです。クールでリラックスでき、また、お高くとまった感じが一切ない上質さがトータルで完璧でした。

Nick_pic1 Ginza_8_musiclibrary

 

That's excellent to know! as how you described was the concept of the hotel.
Nickさんがおっしゃられたことがホテルのコンセプトのひとつでもあるのでそれを聞いて何よりです!


<Work from Home | 在宅・リモートワークについて>
Q1: As a freelancer, you probably have spent time at home for work. what is a merit,
what would be demerit.
フリーランスとして在宅でのリモートワークが多いかと思いますが、メリット、デメリットをお聞かせください。

A2: I have worked from home for ages during the daytime, with various trips outside the flat to go to gigs, to DJ and do radio shows….and to buy provisions, go for a cycle etc!
I’m very happy working by myself and using email and other tech communication.
I feel more focused this way as a lot of my work involves originating new concepts and ideas and I need my own time and space to do this!
I guess the only downside is that I tend to not know when to actually stop working….at least in an office the workday can usually end when you leave the building!
自分のキャリアの大半は在宅、リモートワークを軸としています。暇をみつけては近所を自転車でサイクリングしたりリフレッシュもしています。もちろん職業柄、リモートワークと並行して多々遠出(出張)やイベント会場等の現場やラジオ収録へ足を運ぶことも多いです。
特殊な現状(コロナ)ですが、一貫してフリーランスで通信ツールを駆使ながら働くことは自分にあっていると思いますし毎日が充実しています。自分の時間や空間を持つことでクリエイティブな考えを養う時間があることがリモートワークのメリットではないでしょうか。デメリットとしては一旦集中しだすと終わりが見えないことですかね(笑)。オフィス勤務や組織に属することは比較的、公私や1日の仕事の終わりが見え易く線引きし易い可能性が高いかと思います。


<Impact on Covid-19 and music remedy|新型コロナウイルスの影響と音楽レメディー>

Q1: Such special consequences, people tend to build stress without realizing : especially changing situations to work from home brings some challenges for some. Some are facing fear of commuting: rather being stay home to feel safe.
Hence It is obvious that music, art, and meditation contribute great remedy for humans to balance themselves from the current situation including reflecting past and present to give hint of an inspiration for new value in society, economy, and of course in space in term of physical space as well as in your mind.
(現状の新型コロナ感染の影響について)環境の流動化と見えないものへの不安や恐怖が気づかないストレスとなりまた、特に日本では多くの人がオフィス通勤から在宅への急な環境の変化に順応することが難しいという声を聞きます。また、緊迫した状況で通勤を強いられ不安な方の声も大きいですよね。こういった緊迫した不安定な時だからこそ音楽やアート、メディテーションは人間のバランスやマインドフルネスに重宝され、新しい価値や物理的な空間創りと脳内へインパクトを与える作用する働きなど様々なヒントを与えるツールと見解します。

A1: Yes I agree...we need art and creative thinking more than ever right now. We are all more stressed than ever before but in a physically silent and isolated way…. It’s a very odd time that very few people expected or planned how to deal with. The advance of science is moving at a huge pace, and it’s never been more critical that scientists, and society as a whole think creatively when facing such a daunting challenge.
We all need balance...and also time to dream again.
その通りですね・・・アートやクリエイティブを敷くとした考え方が今まで以上に求められる時代になりました。今はただ特にストレスを静かに内外で受け止めつつ・・・とても流動的で不思議な時間で多くの人が様々な状況で今まで以上に繊細で柔軟な対処方法を求められています。また、科学の進化は凄いスピードで加速しつつ、今まで以上にない危機的な状況をクリエイティブに物事をとらえながら乗り越える指名に課されてるようです。やはりバランスが貴重化されていて・・もう一度何かを目指し、想像する為のバランスが求められる過渡期であると思います。

Wonderfruit ( Image : referred from Wonderfruit Festival, Thailand )


<Thai stay: Wonderfruit Festival and Musicity, Music and Space | タイでの滞在:Wonderfruit FestivalとMusicity、音楽と空間>
Q1: One of your DJ mix sets is recorded for the Wonderfruit festival in Thailand. Could you describe a bit more about the festival and your mission in Thailand? Personally I found that it helps my day to flow more productively. Thanks for sharing the set and may we ask your
perspective of how music impacts the environment , especially for physical spaces and human’s mind?

タイで開催したWonderfruitフェスティバルでのDJセットを拝聴しました。フェスについて少し詳しく教えてください。また、タイへ渡航されたのはフェスティバル出演の目的ですか?
また、このフェスのニックさんのDJセットですが、アンビエントからいろいろなアップテンポなジャンルへの展開が個人的には1日をよりプロダクティブに、明るいムードに変えるにぴったりと思いよく聞かせてもらっています。
現状はもちろんですが、音楽は環境や特に物理的な空間や人間の脳と思考に影響を与えると見解しますが、ニックさんはどう思われますか?

A1: That’s so good to hear! I visited Thailand in December 2019 for the first time to create a Musicity event in collaboration with the Erased Tapes label in Bangkok and to DJ and host a stage at the Wonderfruit festival near Pattaya. Myself and five musicians from UK, Germany and Japan each worked to create music inspired by the city, and then performed their tracks as a part of their live sets at Wonderfruit. It was a brilliant experience and the latest in a long line of Musicity projects over the past 10 years.
I DJd at the festival just before sunset on Friday night. It was a stunning setting and an incredible vibe!
Music is the most immediate art form. A great song can transport you mentally...a great beat can make you move physically. 
Music at home is so important...although we are bombarded with a lot of bad sound via TV that uses sound purely to add a background to the visual.
For music to make a difference the sound should be all….to truly engage with sound is to really live! 

それ聞いて本当にうれしいです!昨年19年12月にタイへ渡航した際、バンコクのErased Tapesという音楽レーベルと共同でタイのパッタヤで開催したWonderfruitフェスティバルに参加しました。私以外に5名の音楽家(英、独、日)が参加、触発された街の音を録音し、各自の曲として当日ライブで披露しました。Musicityプロジェクトをはじめて10年以上になりますが昨今で最も素晴らしいハイライトな体験となりました。私のDJはフェスの金曜の夕方からでした。会場の設定も雰囲気も最高で美しいセッティングでした。

音楽はアートの中でも最も即効性のあるフォーマットだと思います。好きな良い曲はマインドのシフト、旅ができますし、良いビートで身体を動かすこともできます。
家での音楽は必須、貴重です。特にTVでは自発的で時には不健康にもなる音をBGMとして次々流れているようなものなので、質の良い音を流すだけでも物理的環境にポジティブで大きな違いをもたらし本当の意味で活きた音とつながることができると思っています。

 

MUSICITY_LONDON_Illustration[1](Click to check Musicity project in Thailand video )

Q3: I totally agree with how you are saying that engaging with sound is to live. From your perspective, it could say that it relates to the sound in architecture, and soundscape too. I believe that your project “Musicity” has similar philosophy. What do you think about this? Also Would you consider such culturally molding has high potential to build a solid form of new quality lifestyle?

おっしゃる通り生活や心身的に影響する音楽インパクトは大きいですね。音楽と空間、建築にも相通ずるものがありますが、ニックさんのMusicityがまさにそのフィロソフィーを受け継いでいると思います。また、現在の音楽の治癒的な影響からこういった文化的な広がりがより深くしっかりとライフスタイルとして認識され、展開いくと思われますか?

A3 : Yes for sure! Musicity has a deep belief that it’s possible and highly desirable to change the way our cities sound to allow for a greater sense of well-being. We are developing a manifesto around this to help artists, architects and city planners consider ways to improve our sonic environment. We are researching and trying out new ideas in this area which we hope will lead to some positive outcomes and enhanced well-being for all citizens in different towns and cities around the world.

もちろん!Musicityには高い意識とバランスを持ちながら常に都市空間の変化を音で取り込んでいくというモットーがあります。アーティスト、建築家、タウンプランナーと協力しながらモットーを軸にしたソニック環境を改善し、開発し続けています。現在、新たな案と地域でのプロジェクトに向けてリサーチ中です。この案をきっかけに世界中の街や人々がより心身共に健康であれるようなポジティブなと効果が出ることを期待しています。

wunderfruitsolar-1

(Click to check Luscombe's DJ set at Wonderfruit Festival )

 


Hope you enjoyed the music and space talk and this helps your productive, balancing #stayhome quality time. We also will have list of our recommendation playlist and podcast for upcoming What’s ON In TOKYO . Stay well and enjoy.

Nick Luscombe氏とのトーク、いかがでしたでしょうか。おうちでのでのリモートワークやセルフケアにお役立てれば幸いです。また、スペースデザインお勧めのプレイリスト、ポッドキャスト特集も次回のWhat's ONでご覧になれます。おうち空間にリモートワーク、少しでもリラックスして楽しくご自愛ください。

**********************************
Nick Luscombe
BBC radio producer and broadcaster of Late Junction. DJ, music consultant and A&R. Renown for specifies in electro, classical, downtempo, ambient music.
Worked as Apple Music UK Consultant at iTunes. Representative of global city and architectural music / art project, Musicity. One of curators for the music event, GINZA DREAM SESSION ( at The Royal Park Canvas - Ginza 8 ). Recent release DJ set for Wonderfruit festival is available for free listening from here. His city pop compilation album, TOKYO DREAMING will be released from NIPPON Colombia on June.

Nick Luscombe
BBCラジオ「Late Junction」のパーソナリティー及びプロデューサー。アンビエント、エレクトロ、クラシックを主に得意分野とする。音楽コンサルティングとA&R他、iTunes, UK Apple Musicでコンサル歴を持つ。世界の都市、空間を環境音楽とアートで繋ぐプロジェクト、Musicity代表。ザ・ロイヤルパークキャンバス銀座8で音楽イベント、GINZA DREAM SESSION主催。今回紹介されたWonderfruitでのDJセットはこちらから無料配信中。また、6月には日本コロンビアから本人監修のシティーポップコンピレーション、「TOKYO DREAMING」発売予定。

 

Interview and Article contribute: Setsuko Fujiwara,

Space Design 2020

AUTHOR:Space Design

LABELS:Sales SD

Blog HOME

Tokyo Serviced Apartment Staff Blog Archive

旧Staff Blog

2017年12月以前のブログはこちら

Contact Us

For viewing, availability, or any query, please contact us anytime!
0120-710-677 +81-3-3502-7777

Weekday 9:00 – 17:30 ( Excl. National Holidays )
※Also available from mobile phone · PHS.

Contact Form