Workstyle

  • TOP
  • Workstyle
  • サービスオフィス事業部 BUREX麹町 支配人 S

フレンドリーだけどプロフェッショナルなサービスで、オフィス空間に“温かみ”を

商談用のロビーラウンジや貸し会議室も完備するハイグレードなサービスオフィス「BUREX麹町」の支配人。日々お客様が仕事に集中できる空間づくりを目指しています。

─おもてなしの基本スタイルを教えてください。

「ずっと働きたい」と感じるオフィス空間へ

私は、顔が見える支配人でありたいと思っています。ですから、朝や昼のお客様の出入りが多い時間帯に、レセプションに立つよう心掛けています。日頃からお客様に近い距離感で、オフィスへのご要望・心配事などを気軽にご相談いただき、お客様が安心して仕事に集中できる環境を提供していきたいです。

同時に、このBUREX麹町で「ずっと働きたい」と感じていただけるサービスを届けたいと常に思っています。それには、私たち社員一人ひとりのホスピタリティが非常に重要で、お困りごとを迅速に解決する、ちょっとした雑談をする、といった、人と人との密な関係から生まれる安心や快適を提供することが肝要です。

BUREX麹町に“愛着”を感じていただける環境づくり、そのためにお客様が求めるサービスの形を追求しつつ、日々努力を続けていきたいと思います。

─これまでのキャリアの中で、印象に残っているエピソードを教えてください。

“フレンドリー”に生み出す安心できる距離感

サービスアパートメントの担当をしていた際、インドから来られたご夫婦のお客様にお部屋に招いていただき、手作りカレーをご馳走していただいたことがありました。奥様が初めての訪日で日本語も得意ではなかったため私がサポートをしていたのですが、まさかこのようなご厚意をいただくとは思わずとても感動したことを覚えています。

普段からマニュアルだけに頼ったサービスではなく、「フレンドリーだけどプロフェッショナル」な対応をしてお客様と心を通わせ、良い距離感で居られるよう心掛けていましたので、快適な滞在を提供できたのであればとても喜ばしいことです。

─スペースデザインの風土を教えてください。

社内にも溢れる“おもてなしの心”

2002年の入社から今に至るまで長く在籍する中で、一貫して感じるのは社内の風通しの良さです。社員が皆フランクで、話しやすい。お客様に対してだけでなく、本質的に人に対するおもてなしの気持ちを持っている社員が多いのかもしれません。定期的にパーティやバーベキュー、社員旅行など季節のイベントが開催されるので、それぞれの場所で働く社員と会い、日々の仕事やプライベートの話で盛り上がる機会も多くあります。

また、ママさんも多く育児休暇も取りやすい環境で、私自身も取得していましたし、現在も時短勤務でマネージャー業務を続けています。それも周囲の理解と協力があってこそ。率直に話し合える社内風土と制度支援を活用しながら、子育てと仕事のバランスを取り、成長していきたいです。

“愛着”を感じてもらえるオフィス空間を提供したい
風通しの良さが社員の明るさと良いおもてなしにつながる

サービスオフィス事業部
BUREX麹町 支配人 S