COLUMNコラム

単身赴任での家具はどうする?家具付きマンションなら解決できる!

投稿日: 2015/07/03

ある一定の期間だけ今とは違う場所へ赴任する「単身赴任」。いざ、単身赴任が決まって準備を始めると、頭を悩ませることがたくさん出てきますよね。「赴任先の新しい住まいにはどの家具を準備すれば良いのか?」ということも悩みのひとつではないでしょうか。ここでは、単身赴任が決まった際に準備すると良い家具について紹介します。

 

単身赴任で必ず揃えておきたい家具は机と椅子

単身赴任が決まったら、必ず揃えておきたいのが「机」と「椅子」です。単身赴任では思いのほか自宅での作業が増えるもの。ある程度の作業スペースと引き出しがついている机が欲しいところです。郵便物や領収書をこの机の引き出しに収納しておけば、部屋を散らかしたり、書類を無くしたりする心配がありません。単身生活であれば食事をとるのも机で十分かもしれません。床や畳に直に座って食事をすると、汚れはもちろん衛生面も気になります。机があれば、作業スペース、書類入れ、食事用などさまざまな用途で活用することができるのです。

また、「冷蔵庫」と「洗濯機」も生活をする上で必要になります。単身赴任の場合、冷蔵庫は200L未満のものを、洗濯機は乾燥機能付きのものを選べば室内でも干しやすくなるのでおすすめです。自分が生活する部屋のサイズに合わせて、丁度良いものを選ぶようにしてください。

できれば用意しておきたい2つの家具

単身赴任で生活する場合に、できれば用意しておきたい家具が2つあります。
1つは洋服を収納する家具です。疲れて帰宅した際に部屋が散らかっているとブルーになってしまいます。「単身赴任では洋服用の収納家具は必要ないかな?」と思われがちですが、洋服用の収納家具があれば衣類が部屋に散らかることなく、整理整頓しやすくなります。収納家具には、ハンガーでかけるものや引き出しタイプなどがあるので、所有している洋服や着こなしの習慣に応じて適切なものを選ぶと良いでしょう。

2つめはベッドです。寝具については好き嫌いがあるので必ずしも揃えるべきとは言えませんが、単身赴任生活でベッドを置くことでいくつかメリットがあります。最大のメリットは、布団の上げ下げをしなくて良いこと。朝の慌ただしい時間に布団の上げ下げをするのはとても面倒なもの。だからといって万年床にして置くと衛生面でも良くないですし、部屋が散らかっても気にしないようになってしまいます。

家具付きマンションならば安心

単身赴任生活の経験が無い場合や急に単身赴任が決まった時など、実際に一人で生活するようになってから「これがない」、「あれが欲しい」といったように、後から必要な家具に気づくことがあるかもしれません。また、「これはまったく使わないな」という不要な家具を準備してしまうケースもあるでしょう。
こういった失敗をしないために、家具付きマンションで生活するという選択があります。家具付きマンションは、生活に必要な家具があらかじめ揃っているので購入をしてから後悔するということも少ないでしょうし、家具選びに迷ったりする手間暇が全く必要ありません。自分にとってどの家具が必要なのか良く分からない、という場合にも家具付きマンションが向いているかもしれません。

家具付きマンションを検討するのなら、「サービスアパートメント」も選択肢のひとつとして知っておくと良いでしょう。家具や家電など快適な生活を送るための環境を提供してくれます。間取りや大きさに合せた家具があらかじめ揃えてあるので、快適かつ便利な生活を送ることが可能です。また、急な単身赴任の場合、家具が備え付けられているサービスアパートメントなら、引っ越せばすぐにでも生活を始めることができます。単身赴任先で少しでも早くより快適に新生活を始めるためにも、サービスアパートメントをぜひ選んでみてください。

Column Menu