COLUMNコラム

東京出張時には充実したホテル施設で仕事のストレスをためない!

投稿日: 2015/07/06

地方で働く人にとって、「東京出張」は、ストレスが溜まることもある仕事です。特に1~2日の出張であればいつもと違う土地での滞在を楽しむこともできますが、3~4日または1週間を超える滞在となるとストレスが溜まることもあるでしょう。
滞在するホテルの選び方一つでストレスを溜めない工夫が可能なのをご存知でしょうか?ここでは、東京に出張する際にストレスを溜めないための工夫を紹介します。

東京出張ならではのストレスを考えてみる

東京出張をする目的は、大きな取引先や本社関係者との商談や会議といった場合が多いはずなので、東京以外の地域への出張に比べて話し疲れや聞き疲れが出てしまいます。また、東京は人口が多いこともあり、電車移動時の混雑や繁華街での人混みは、地方の人間にとって、たいへんな気疲れを生んでしまいます。
普段の出張以上に体力的にも精神的にも負荷がかかるのに、ホテル滞在では自宅のようにリラックスできないのが実情です。そのため、疲れをしっかりと癒してくれるようなホテルを選ぶことが重要となります。

普段の生活にできる限り近い環境のホテルを選ぶ

ホテル滞在で「リラックスできない」、「疲れが取れない」といった感想が挙がる理由の多くが、普段生活している環境と大きく異なることが原因になります。
「お風呂が狭い」、「ウォシュレットじゃない」、「お湯が沸かせない」、「ドライヤーがない」、「インターネットが使えない」、「照明が暗い」、「ソファがない」、「食卓テーブルがない」、「冷凍庫付の冷蔵庫がない」、「シャンプーとコンデショナーが分かれていない」、「荷物が収納できずに室内に散らかったまま」など……。自宅と違う環境がひとつでもあると誰でも気になってしまいますが、ホテルで「自宅」を再現するのはなかなか難しいというのが実情です。

しかし、上記で挙げた設備が充実したホテルも少なからずあります。特にグレードが高いホテルでは、ホテルスタッフが丁寧に対応してくれるので困ったときや気になる点があるときにも安心して相談することができます。最寄り駅からの距離も短く、移動の負担も少ないのも大きなメリットと言えるでしょう。
グレードが高いホテルといっても、最近ではネット予約で割引されたプランを使えば、安く利用できるケースもあります。少しでも「自宅」を再現できる滞在先を選ぶことで東京出張でのストレスを溜めないように意識しましょう。

充実した設備をもったグレードが高いホテルを選ぶという選択肢のほかに、もう1つ賢い選択があるのをご存知でしょうか?それは「サービスアパートメント」という施設です。サービスアパートメントは、私たちが普段暮らしているような部屋に、家具や家電が完備され、インターネット回線、ケーブルテレビも提供されていることがあります。コンシェルジュによる24時間電話サポートなどもありますので、安心して「暮らす」ことができるでしょう。ホテル以上に「自宅に近い環境」を求めるならば、サービスアパートメントは最適な選択肢になること間違いありません。

Column Menu