COLUMNコラム

長期出張時のホテルを選ぶ際に注意すべきポイント!

投稿日: 2015/07/06

自宅とは異なる環境で生活を送らなければならない長期出張では、どんなホテルに滞在するかは非常に重要です。自宅以外で暮らすことによるストレスは想像以上に大きく、まして長期出張となると蓄積されたストレスで精神的にも体力的にも追い込まれてしまうことがあります。
長期出張でストレスを溜め込まないためにも、ホテル選びにはこだわりたいところですよね。そこで、長期出張に行く際に押さえておきたいホテル選びのポイントを紹介します。

移動が楽なホテルを選ぼう!

普段とは違う環境下で過ごす長期出張では、ただでさえ疲れが溜まりやすいため、休息できる時間をできる限り長く設けることが大切です。そのためには出勤先との移動が楽で近いホテルを意識して選んでみてください。
移動が楽というと「移動時間の短さ」だけに着目しがちですが、それ以外にも「ホテルから最寄り駅が近い」、「乗り換えが少ない」、「出勤時でもあまり混雑していない」といった条件も考慮して選ばなければなりません。特に知らない土地での移動は、慣れるまで電車を乗り間違える可能性もあるため、乗り換えの数はこだわりたいポイントです。

近くに気分転換できるスポットがあるホテルを選ぼう!

会合や会食がない夜には、自分が自由に使える時間ができます。長期出張の場合、家族や友人と遠く離れているため、一人で気分転換をしなければならないことが多くなります。ずっとホテルの部屋に閉じこもっているよりは、気晴らしに出かけるほうが良いですよね。

映画館や娯楽施設、美術館や博物館など、自分にあった気分転換ができるスポットが近くにあるホテルを選べば、時間をうまく使うことができるでしょう。最寄り駅やホテル付近にそのような施設が何も無い環境もありえるので、ホテルを選ぶ際には周辺環境もチェックしてみてください。

自宅に近い環境を再現できるホテルを選ぼう!

ホテルに滞在することで感じるストレスの多くは、「自宅通りに生活できない」という点が挙げられます。ホテルに自宅と同じ設備が整えられていないと、ちょっとしたストレスが積み重なってしまうでしょう。
できる限り自宅に近い環境を提供してくれるホテルを探すことで、そのストレスは軽減することができます。例えば、「湯船につかることのできるバスタブがある」、「ランドリーサービスがある」、「無線LANが使える」といったサービスを備えたホテルならば、比較的簡単に見つけることができるでしょう。
また、中には「仕事だけでなく食事もとれる広い机」、「WOWOWなどの有料放送が見れるテレビ」、「ベッド以外にもリラックスできるソファ」、「冷凍庫のある冷蔵庫」といった設備を提供しているホテルも多いので、ご自身のニーズにあったホテルがきっと見つかるはずです。

「探してみたけれど、自分に合うホテルがどうしても見つからない」という方の場合、「サービスアパートメント」なら、あなたのニーズに応えてくれるかもしれません。
サービスアパートメントは1ヶ月から利用できる賃貸借契約による住居物件です。
移動に便利な繁華街の近くにあることが多く、提供する設備も日常生活を快適に過ごすために必要な家具家電が揃っています。台所やキッチン用品も完備されているので自炊も可能ですし、インターネット回線やケーブルテレビが提供されている物件もあります。加えてコンシェルジュがいたり、24時間いつでも対応可能の電話によるサポートサービスを提供する物件もあるなど、知らない土地での生活も安心です。
自分にぴったりなホテルが見つからない場合には、サービスアパートメントを検討してみてはいかがでしょうか?

Column Menu