COLUMNコラム

長期滞在の外国人はどんなホテルを選ぶべき?

投稿日: 2015/07/07

日本を訪れる外国の方にとって、慣れない土地や言葉への不安は大きいものです。もし滞在先に、自分の国と同じ言語を話せるスタッフがいたら、すごく安心ですよね。お客様のさまざまな要望に応えるコンシェルジュの中でも、バイリンガルなスタッフが常駐している滞在先は、細かい対応ができるため、外国の方からの評判が高くおすすめです。
また、観光や研修など日本での滞在目的はさまざまでしょうが、立地条件として、築地や東京タワー、秋葉原など有名な観光スポットへのアクセスが便利な滞在先を選ぶと、休日や余暇も楽しむことができます。
ここでは、長期滞在の外国の方にとって、どのような滞在先を選ぶべきなのかご紹介いたします。

滞在先に言葉が通じるスタッフがいると安心

外国の方が滞在される拠点に、バイリンガルコンシェルジュがいると対応がスムーズになり、外国の方がさまざまなことを質問したり、有益な情報を手に入れたりしやすくなります。
施設内の設備や案内、サービスなどについてだけでなく、さらに周辺の交通、観光やグルメ情報、タクシーの予約などの問い合わせについても、サポートを受けられるので大変便利です。
英語はもちろん、韓国語や中国語など各国の言語に対応しているコンシェルジュが在籍する施設もあるので、あらかじめ確認しておくと良いでしょう。

外国の方に人気の築地!築地に近い滞在先を選ぼう

築地は、世界最大規模の公設の卸売市場である築地市場があり、全国各地から集められた新鮮な水産物を始め、果物や野菜、加工食品など多くの食材の取引が行われています。
かつては、業者や取引先だけが集まる市場でしたが、生鮮食品の新鮮さや食堂棟などが雑誌やテレビで紹介され、さらに市場が観光客の受け入れを積極的に行うことで、徐々に人気が高まってきました。現在では、東京屈指の観光スポットとなり、日本はもちろん世界各国からの観光客も多数訪れるようになりました。場外市場では、鮮魚の買い物が楽しめるほか、市場周辺では、新鮮な魚介類を扱う寿司屋や飲食店も立ち並び、その味を堪能することができます。

築地へ行くには、「築地市場駅」や「築地駅」からのアクセスが便利で、これらの駅から、徒歩5~10分圏内であれば築地へ手軽に行けます。また、同路線の地下鉄で銀座や六本木など外国の方に人気の商業地区へのアクセスできますので、東京の休日を満喫できることでしょう。

展望室からの夜景がきれいな東京タワー!東京タワーから近い滞在先を選ぼう

東京タワーは、1958年に完成した高さ333mの電波塔で、東京のシンボル的観光名所です。東京スカイツリーができるまで約50年間、日本一の高さを誇る自立式鉄塔として、東京の観光名所としての人気を引っ張ってきました。高さ150mと250mの箇所には展望台があり、特に250mにある特別展望台からは都内の景色が一望でき、天候次第では富士山も望むことができます。
さまざまなイルミネーションで夜の東京を照らしてくれるので、夜は内部だけでなく外からタワーを楽しむのもおすすめです。

東京タワーへ行くには、「浜松町駅」、「大門駅」、「赤羽橋駅」からのアクセスが便利でビーサイトでは、「ビーサイト浜松町」の物件が近くに所在します。
東京タワー周辺には徳川家康ゆかりの名所が多く、日本最古と言われている芝公園、浄土宗の七大本山の一つである増上寺などにも、手軽に行くことができます。
これらの駅から徒歩5~10分圏内であれば、交通の便もいいので、さらに他の観光場所にまで足を伸ばすこともできるでしょう。

外国の方に人気、オタク文化満載の秋葉原!秋葉原から近い滞在先を選ぼう

秋葉原は、当初家電やパソコンなどを取り扱う店が多い、いわゆる「電気街」にすぎませんでしたが、徐々に電子ゲームやホビーショップ、アニメショップなどが立ち並び、現在のオタク文化を形成する繁華街へと発展してきました。日本のゲームやアニメファンが多く訪れるだけの場所から、今やクールジャパンとして世界からも注目を浴びるようになり、多くの若者や外国人観光客に支持される観光スポットになりました。

秋葉原へ行くには、「秋葉原駅」からのアクセスが便利でビーサイトでは、「ビーサイト秋葉原」の物件が近くに所在します。また、秋葉原駅のあるJR線を使えば、東京駅や新宿駅にも乗り換えなしで行くことができます。
観光先のひとつとして定番のスポットだけに行くのでは、秋葉原の本当の面白さはわかりません。滞在先を近くにして、秋葉原のディープな世界を楽しみましょう。家電の買い物は特に重い荷物が多くなりがちですが、すぐに持って帰ることができるというメリットもあります。

このように、滞在先を選ぶポイントは、「言葉が通じるスタッフの有無」と、「観光地からもアクセスしやすい場所を選ぶこと」の2つです。慣れない日本での生活の不安が少しでも軽くなり、快適な東京観光ができるように、滞在先選びはしっかり行ってください。
なお、東京での滞在先の選択肢として「サービスアパートメント」という選択肢もあります。サービスアパートメントは1ヶ月から借りられる家具家電が揃った賃貸物件のことです。外国の方にも安心して過ごしてもらえるように、24時間バイリンガルの電話サポートが受けられるサービスが用意されている物件もあり、こちらもぜひ選択肢としてお考えください。

Column Menu