COLUMNコラム

東京の家具家電付き賃貸物件は多くのシーンで利用可能!

投稿日: 2015/07/07

皆さんは、家具家電付きの賃貸物件というのをご存じでしょうか。長期に亘り東京に住むのであれば、アパートやマンションを借り家具家電といった生活道具を一式用意するのが一般的ですが、数カ月程度の生活を送る場合には家具家電付きの賃貸物件がぴったりです。それでは、どのようなシーンで家具家電付き賃貸物件の利用が便利なのでしょうか。

 

出張に使える

会社の出張で滞在する場所は、一般的にビジネスホテルを使われる方が多いでしょう。しかし、期間が長くなる出張であれば、家電家具付きの賃貸物件という選択肢も考えられます。期間が長ければ、ビジネスホテルよりも安くなる場合もあります。炊事や洗濯などもでき、窮屈なホテルに比べると、自分の家にいるような感覚で自由に過ごすことができます。

また、1回の出張が短いにしても、月に何度も東京を訪れるようなシーンでは家具家電付きのサービスアパートメントが喜ばれます。ホテルでは、出張のたびに荷作りをして移動しなければならないですが、1カ月からの賃貸借契約がベースになっているサービスアパートメントなら、契約期間中、大きい荷物はそのままにしておくことができるので、定期的な出張があるビジネスマンにとっても、おすすめだと言えるでしょう。

単身赴任に使える

急に移転が決まり、勤務期間もはっきり分からない中で、上司に「じゃあ来週から頼むよ」と言われたらあなたはどうしますか?会社の引き継ぎや新しい住居の準備など、多忙を極めるでしょう。一般の賃貸物件を契約するとなると、家具や家電、照明やインテリアなどの生活道具一式を揃えなければいけないほか、引越しの手配も行う必要があり、手間やコストがとても掛かってしまいます。

その点、家具や家電が始めから準備されていて、1カ月から利用可能なサービスアパートメントを選べば、急な単身赴任に対しても最低限の荷物だけで入居が可能となるので、とても手軽に引越しができます。単身赴任が終わっても家具家電はそのままにして退去することが可能なので、赴任先から戻ってくる際の手間も最小限で済むことでしょう。

訪日外国人の旅行者にも使える

訪日外国人の拠点として、家具家電付きのサービスアパートメントは人気があります。ヨーロッパなどでは、キッチンが付いたアパートメントホテルは広く知られています。

一般的にサービスアパートメントは、24時間体制でバイリンガル電話サポートを受けられる仕組みが多いので、困ったときにも英語を中心とする母国語ですぐに質問をすることができますし、生活情報や観光情報なども得ることができとても人気があります。

地方からの研修にも使える

新しく会社へ就職し、東京の本社に社員研修に行く場合や、地方からさまざまなセミナーや研修に参加する目的にも、家具家電付きのサービスアパートメントはおすすめです。ビジネスホテルではどうしても窮屈に感じ、洗濯や自炊も自由にできないため、ストレスが溜まりやすくなります。ソファーにテレビ、食卓にキッチンスペースなど、マンションと変わらないような設備があれば、休日や平日帰宅した後の空いた時間も快適に過ごせることでしょう。

このように家具家電付きのサービスアパートメントは、引越し費用や生活のためのアイテムを買う出費が必要なく、最低1ヶ月から長期まで、好きな期間だけ賃貸借契約できるシステムです。一時的なビジネスユースの拠点、或いは海外旅行者の拠点として、幅広いシーンで利用できるのではないでしょうか。東京には、このように家具家電付きのサービスアパートメントがありますので、ぜひ利用してみてください。

Column Menu