COLUMNコラム

長期旅行・長期出張にも活用できるサービスアパートメントの特徴とは

投稿日: 2015/07/02

サービスアパートメントは、賃貸マンションでありながら、生活に最低限必要な家具、家電を設置していることが多く、快適に過ごせるサービスを提供しています。
サービスアパートメントを活用して居住地を定めることにより、安心してさまざまな地に足を伸ばしたり、多くの体験を得たり……とバラエティ豊かで活動的な日々を送ることができるのではないでしょうか。

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、海外では長期旅行・長期出張等の際の選択肢の一つとして認知されているサービスアパートメント。

ここでは、そんな長期旅行時、居住するにふさわしいサービスアパートメントの特徴について紹介しましょう。

交通の便が良い

長期旅行・長期出張の場合は、さまざまな場所に出かけるため、滞在・居住場所の立地はかなり重要なポイントになってきます。
都心に近いだけでなく、最寄り駅まで徒歩圏内であることが大切です。

サービスアパートメントはその多くが交通の便が良い都心に建てられています。

充実したキッチン設備がある

長期旅行・長期出張時の難点といえば、外食に飽きてしまうということ。
キッチンのないホテルの場合、旅行中は外食ばかりになってしまいがちですが、健康面を考えると、自分で作りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

サービスアパートメントの場合、各部屋にキッチンが設置されており、鍋など調理器具や食器などが揃っているので、「自分の部屋で」いつでも好きなときに好きな料理を作るのに適した環境が整っています。

外食に飽きてしまった経験のある方や、健康のために自分で料理を作りたいという方は、ぜひサービスアパートメントの検討をおすすめします。

自室で洗濯機が利用できる


長期のホテル生活でネックとなるのが洗濯物。荷物はできるだけ少なくしたいけれど、ホテルのクリーニングは割高ですし、他人に下着を洗濯してもらうのは抵抗があるかと思います。

しかし、ホテル外にあるクリーニング店やコインランドリーに足を運ぶような手間はできれば避けたいところ。
その点、サービスアパートメントなら、洗濯機が室内に設置されているケースが多く、いつでも自分で洗濯することができますし、多くの場合乾燥機も付いていますので、洗濯物を干す手間が省けます。
ちなみに、電気代、水道代は賃料に含まれていることが多いので、その場合別途支払う必要はありません。

サービスアパートメントの空室情報もチェックして選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

Column Menu