COLUMNコラム

長期出張するならビジネスホテルとサービスアパートメントどっちがお得

投稿日: 2015/07/02

遠方に長期出張する場合、なんとなくビジネスホテルを予約していませんか?

ビジネスホテルは利用料金が安く、使いやすい滞在先ではあるのですが、シングルルームの狭さを窮屈に感じる……と言う方も多いようです。

そんな方にぜひ知っていただきたいのが、サービスアパートメント。

サービスアパートメントは、一般的なマンションのような室内でありながら、いくつかのホテルが行うようなサービスが付加された新しいタイプの賃貸契約物件です。

1カ月~1年以上の賃貸借契約が可能ですが、一般的な賃貸マンションのように礼金が必要ありません。

今回は、そんなサービスアパートメントのメリットを、ビジネスホテルと比較しながら紹介します。

ビジネスホテルのメリット

出張の際に、よく利用されるビジネスホテル。

宿泊直前であっても、簡単な手続きで予約できるのがビジネスマンにとっての大きなメリットだと言えます。

また、料金が比較的安く設定されている点も嬉しいメリットです。

近年では、低価格であってもサービスが充実しているところが多く、中には天然温泉があるホテルや、朝食に自家製の焼き立てパンを提供するホテルなどもあります。

全国各地にチェーン展開されているという点も、利用しやすいポイントと言えます。

また、ホテルの会員になることで、お得な特典やポイントが貯まるサービスを行うホテルもあり、出張の多いビジネスマンはそういったホテルの会員になり、いつも同じ系列のホテルを利用する傾向にあるようです。

サービスアパートメントのメリット

日本ではまだあまり浸透していませんが、海外では出張時の拠点としてよく利用されているサービスアパートメント。

出張ではありながら長期にわたる居住を想定して作られているため、毎日を快適に過ごすためのサービスが充実しているのが大きなポイントです。
家具、家電が一通り揃っているだけでなく、同価格帯のホテルに比べて部屋が広めに作られている傾向にあり、ゆったりとした空間で生活することができます。

室内にはキッチンが必ず備え付けられていますので、時間を気にせずいつでも料理を楽しむことができますし、また、洗濯機も設置されているケースが多く、クリーニング店やコインランドリーを利用する必要がなく、アイロンやアイロン台などがついている部屋なら、Yシャツのアイロンがけも可能です。
サービスアパートメントの多くは、立地の良い場所に建てられているため、各方面にアクセスしやすいというのも利点だと言えます。
都心に出張することの多い企業は、こうした利便性がメリットになるのではないでしょうか。

 

長期出張ならサービスアパートメントがおすすめ

このようにビジネスホテルは利用料金が比較的安く、予約しやすいなどのメリットがありますが、最低限の設備しかなく、客室が狭い傾向にあります。数日程度の滞在であれば良いのですが、長期にはやや向いていないと言えます。

充実した家具、家電を利用したい、少し広めの部屋で過ごしたい、プライベートの時間を充実させたい、自宅のようなリラックスした環境で仕事の疲れを取りたいという方は、サービスアパートメントの利用をおすすめします。長期出張をより良いものにするために、サービスアパートメントを一度検討してみてはいかがでしょうか。

Column Menu