COLUMNコラム

羽田空港への交通手段とは?羽田空港への行き方まとめ!

投稿日: 2015/07/09

皆さんは、羽田空港へのアクセスには、どのような交通手段を利用しているでしょうか。主な手段として電車、リムジンバス、タクシーなどが挙げられる中で、それぞれのアクセス方法をきちんと把握できていますか。ここでは、各交通機関の特徴や行き方などについてご紹介いたします。

 

 

電車でアクセス

羽田空港には、京急電鉄と東京モノレールが乗り入れています。電車を利用する際の特徴は以下のようなものがあります。

<京急電鉄>

  • 都市部からのアクセスが速い(最短で品川から約20分、横浜から約28分など)
  • 列車の本数が多い(乗車する駅によっては10~15分に1本程度)
  • 比較的運行時間が正確なので、その日の計画が立てやすい
  • 運賃が安い(品川から羽田空港まで400円強)
  • 人混みの多い駅構内を、荷物を持って移動する必要がある
  • スーツケースやボストンバッグなどの、大きな荷物の置く場所を確保しなければならない

<東京モノレール>

  • 都市部からのアクセスが速い(浜松町から20分)
  • 列車の本数が多い(乗車する駅によっては5~10分に1本程度)
  • 運賃が安い(浜松町から羽田空港まで500円程度)
  • 比較的運行時間が正確なので、その日の計画が立てやすい
  • 浜松町駅と空港間の往復を始め、割引きっぷが使える場合がある
  • 車内にスーツケース専用の置き場があり、大きな荷物でも安心して持ち運べる

行き方としては、京急電鉄の場合、沿線の主要駅からのアクセスが容易で、品川や横浜駅から羽田空港へ向かうのが便利です。新宿や池袋駅からはJR線を乗り継いで行くことになるので、スーツケースといった、大きい荷物を持ちながらの移動は少し面倒かもしれません。東京モノレールの場合には浜松町駅から向かうのが便利で、浜松町駅近辺の新橋や東京駅から向かう際にはJR線を乗り継いで向かうことになります。
また、電車はアクセスが速く、数分遅れはあるものの基本的に運航時間が正確なので、その日の計画を立てやすいのも特徴と言えます。

空港リムジンバスでアクセス

羽田空港へ空港リムジンバスで、アクセスする方法もあります。バスを利用する際の特徴は、以下のようなものがあります。

  • バスのトランクに大きな荷物を預けられるので、車内ではゆったりくつろげる
  • バスを下車すると、空港ロビー前なので移動が楽
  • 満席で乗れない可能性がある
  • 行き先や時間帯によってはバス本数が少ない(1時間に1本程度の地域も)
  • 交通渋滞の影響を受ける場合がある
  • 鉄道に比べると運賃が高い(品川から羽田空港まで700円程度)

リムジンバスは、切符売場で乗車券購入する方法や、あらかじめ予約する方法、各停留所からそのまま並んでバス内で運賃を払う方法などがあります。列車と違って満席になると乗れない場合もあるので、不安な場合は予約しておくことをおすすめします。
また渋滞が発生すると、予定より大幅に遅れることも予想されるため、時間には余裕を持って行動すると良いでしょう。

タクシーでアクセス

羽田空港へタクシーで直接アクセスする方法もあります。タクシーを利用する際の特徴は、以下のようなものがあります。

  • 出発地点(自宅やホテルなど)まで迎えに来てもらえるので、荷物を持って移動する必要がない
  • 予約さえしておけば、出発時間は自由に選べる
  • 乗車券を買ったり、電車のように駅構内を移動したりする手間がない
  • タクシーを下車すると、空港ロビー前なので移動が楽
  • バス同様に、交通渋滞の影響を受ける場合がある
  • 乗車する人数が少ないと運賃が割高(品川から羽田空港まで4000~5000円程度)

タクシーを利用する方法は、駅前で待っているタクシーを利用するのが一般的ですが、自宅やホテルなどから出発する場合は、電話で読んだり、あらかじめ予約をしておくと便利です。切符を買う必要もなく、バスや電車を待ったり、停留所や駅のホームまで歩いて移動したりする手間も省けるので、最も楽にアクセスできる方法とも言えるでしょう。
しかしバス同様、交通渋滞の影響を受ける可能性があるので、出発する時間はある程度余裕を持たせるようにしてください。また、少人数での乗車は値段が割高になり、電車のおよそ10倍程度の運賃になる場合もあります。

出張や長期旅行などには「羽田空港往復きっぷ」もおすすめ

都営の地下鉄から京急線の羽田空港間の往復切符が、期間限定で発売されていることもあります。主にお正月やお盆休み、ゴールデンウイーク期間に定額で9日間乗り放題というプランで、長期旅行や出張におすすめです。期間は限られてしまいますが、値段も1020円とかなりお得な切符なので、連休中に羽田経由で東京方面へ訪れる方はぜひチェックしてみてください。

このように快適さではタクシー、バス、列車の順になりますが、経済的な面では順位が逆になります。それぞれの交通機関のメリットやデメリットを理解して、自分に最適な交通機関を利用して羽田空港までアクセスするようにしてください。

なお、ワンランク上の家具家電が備え付けられたサービスアパートメント、「ビーサイト浜松町」は、羽田空港からのアクセス、羽田空港へ向かうアクセスも良好なので、旅行や出張の滞在先にとても便利です。

Column Menu